現像と送料と私

いやー寒い、寒いよ!布団から出られないんですけどー!昨年もそうだったけどさ、外歩きが気持ちいい秋という季節はいずこへ?

 

はい、突然ですが、私は自称フィルムカメラ愛好家でございます。
フィルムカメラで撮影すると言うことは、フィルムを現像しないとプリントすることもデータ化することもできません。
暗室現像に憧れてはいるものの、一度もやったことがありません。現像もプリントもデータ化も全てDPE店でしてもらっています。

私は東京目黒区にあるmonogramという、写真屋さんには見えない写真屋さんに出しています(とてもオシャレってこと)。もちろんトチギっ子の私がお店に通えるわけがなく、「郵送プリントサービス」を利用しています。

そこで送料の話になるってわけですが、私はだいたい2ヶ月に1回くらいのペースで現像出してる感じなので、送料がけっこうばかにならない。でも大事なフィルムだから、定形外郵便なんかでは出したくない。お店でも追跡できる配送サービスを推奨してるし。

ちなみに、monogramの郵送プリントサービスの内容はこんなかんじ
monogramからこちらへ送ってくるときの送料は無料なのがうれしいところ。ヤマト運輸の代金引換で届いて、支払が電子マネーやクレジットカードが使えるところも個人的にすごくうれしいです。

んで本題、こちらから現像前のフィルムを送るときね。
私はヤマト運輸の「宅急便コンパクト」を利用しています。これが私的に一番使いやすくてリーズナブルなのです。具体的にはこんな感じ↓

  1. 宅急便コンパクト専用の箱をクロネコヤマトメンバーズポイントで入手
  2. フィルムを梱包
  3. ラインで送り状作成(デジタル割で-50円)
  4. 営業所(私の場合車で5分の距離にある)へ持ち込み(持込割で-100円)
  5. クロネコメンバーズカードで送料支払って発送(メンバーズ割で-10%)

 

とまあこの手順をふむと、関東から関東への送料が385円(税込み)になるのです!すごくね?

ちなみにこれは2017年9月までの話で、といってもコンパクトの送料は変わらないんだけど、ポイントサービスが終了したので、ポイントで専用の箱をもらうことができなくなってしまったのです。でも持込割がメンバーだと-150円になったので、実質箱代入れて15円の値上がりですむってわけ。
箱代入れて400円で済むとなると、郵便局のレターパックプラスより110円も安いと言うことになります。まあでもレターパックは全国どこに送るにも510円で済むから、ケースバイケースですな。

要するに、10月からヤマトが送料値上げしたけど、このようなありがたい割引でこんなふうに利用できるよってことが言いたかったのでした~
現像の話より送料の話じゃねーかってネ☆

※写真の「宅急便コンパクト」専用の箱、写ルンですもぴったり入るちょうどよい厚み♡

 

いやー久しぶりの更新で長くなってもーたー

 

 


Posted : 2017-11-07 | Category : BLOG | Tags : , , , No Comments »

Related Posts

 

Comment





Comment



CAPTCHA